ニセコ 『吟渓』便り!

ginkei.exblog.jp ブログトップ

こうべたれる稲穂かな!

 ニセコもいよいよ秋の気配が漂ってきた。雲の高さや朝晩の冷え込みなど、季節の変り目を感じる。釣り場に行っていても、落ち葉の多さや周りの木々の枯れ具合などで、秋を感じさせてくれる。ヤマメもすっかり婚姻色が出て、眩しい美しさから神秘の美しさへと変化をとげている。いつも行く支流は田んぼの中を歩いて行くのだが、すっかり稲穂のこうべがたれてきていて、刈り取りが間近なことを知らせてくれる。稲刈りが終わると、ニセコの釣りシーズンも終わりが近くなる。今年一番の渓魚に出会うことを夢見て、また川へ通う日が続くだろう!
d0070814_23242516.jpg
d0070814_2324452.jpg

[PR]
# by a582323 | 2006-09-08 23:25 | Nature | Comments(0)

お楽しみな本格焼酎!

 楽しみな芋焼酎を手に入れた!「吉兆宝山」と「富乃宝
d0070814_168319.jpg
山」だ!名前は何となく聞いたことがあるのだが、近くの酒屋では4000円というプレミア価格で売られていた。でも、今回はネット通販で1本2650円というほぼ定価で手にいれることが出来た。しかも、2本づつ買ってしまった。たいして焼酎の味が分からないのに、プレミアに弱い人間なのだ!味については、後日のブログで公開したいと思う。
[PR]
# by a582323 | 2006-08-26 16:09 | 日本酒 | Comments(0)

支流の茶鱒 Part2

 そのドラマは突然やってきた!人がうじゃうじゃ入る大きい支流で、思うように釣果があがらず、半分あきらめ気分でフライを流していた。流れ込みの白泡にフライが飲み込まれていったように見えた。ピックアップしようとロッドを立てた瞬間、強い魚信が手に伝わってきた。
 始めはアメマスかと思っていた。魚が浮いてくると色がやけに金色がかっている。これは阿寒の金アメと同じ感じか?と思いつつ魚を引き寄せるが、ラインが枝に引っかかり下流にさがれない!ラインのテンションが限界に近づくなか、ネットを差し出すが魚が大きすぎてネットに中々収まらない。試みること3度!やっとの思い出ランディング。出てきた魚は35cmの茶鱒だった。支流では、何度も茶鱒を釣ったが、それまでは25cmが最高で、今回のそれは自分の新記録だった。金色に輝く茶鱒を見慣れない自分には、やはり外道のイメージしか浮かばない。嬉しさ半分と、やるせなさ半分のビミョ~な気分だった。こんな茶鱒がウジャウジャ釣れる川にだけはなって欲しくないと願っている。
d0070814_22572920.jpg

[PR]
# by a582323 | 2006-07-28 22:57 | Fly fishing | Comments(0)

気分悪!

 いつも行く支流は今年、林道工事の影響で、水が濁っていて釣りにならない状態だった。今日もだめかな?と思いつつ少しの期待を胸に膨らませて川へ到着!「ラッキ~!」水は濁っていない!美しいヤマメを描きつつ、いそいそと支度をし川へ入る。いつも20cmくらいが出るプール・・・  反応がない!「まあ、ダムを巻いて上流へ行けば・・・」と思い直し、上流へ・・・
 ダムを巻いたとたん写真のようなゴミと真新しい足跡。人数は二人。かすかな不安と大きな期待を胸に釣りあがる。結果はかすかな不安が当たった。魚が出てこない。いるはずのポイントに魚がいないときの空しさは、たとえようの無い苛立ちに襲われる。途中でペットボトルやビニール袋を拾いながら帰途に着く。
 『ゴミを投げていくようなやつは、釣りをするな!』 そんなことを心の中で叫びながら帰り支度をしたのであった。
d0070814_16331882.jpg

[PR]
# by a582323 | 2006-07-25 16:24 | Nature | Comments(0)

支流の茶鱒

 今日、大きな支流で久々に茶鱒を釣った!先週末に泊まったお客さんが「茶鱒を釣りました!」というメールをもらって、支流へ行ってみる気になった。週末に別のお客さんをポイントに案内したとき、メチャクチャ人が入っていたので、魚がいないと思って入渓したがやはりその予感は当たっていた。日曜日は餌釣り師・ルアーマン・フライマンのオンパレードだったので、川は荒れ放題という感じだった。出てくるのは、あどけない顔をした2年魚が中心で、20cmオーバーを引っ張り出すのは、至難の業だ。(まあ、自分の技術が伴わないのが一番の原因だが・・・)
 最後のほうで、出ました。久々の茶鱒です。2年魚の小さな魚だったが、自然再生しているのだろう。以前水産孵化場のブラウン調査に付き合ったときは、「茶鱒は再生しにくい川だろう。」ということだったが、わずかながらも生き残っているようだ。最後に出会った老釣り師は、「小さい茶鱒は良く釣れるよ!」この言葉の意味は一体どう考えたら良いのだろうか?
d0070814_2175892.jpg

[PR]
# by a582323 | 2006-07-04 21:08 | Fly fishing | Comments(0)

My Birthday

 今日は、自分の誕生日だ。家内に言わせると、「誰にでも1年に1度誕生日は来る!」そうだ。なるほど言われるとその通り!別に自分でも目出度いとか、祝って欲しいという気持ちはさらさらないが、なんとなく自分の生きてきた人生をゆっくりと振り返ることのできる日だと自分は思っている。今日バースディフィッシングにはいけなかったが、50歳最後に出会ったヤマメ君を公開しよう!  ハッピーバースデイ!
d0070814_2136384.jpg

[PR]
# by a582323 | 2006-06-19 21:37 | Fly fishing | Comments(0)

十勝のニジマス!

d0070814_9443699.jpg
 ニセコ近辺は、釣りにならないので十勝まで遠征してきた。去年の秋に38cmのニジマスが出た川だ。川についてみると、雨の影響か少し濁りが入っている。釣り始めた時は、曇り空だったが昼頃からは、「十勝晴れ」の爽やかな天気の中の釣行だ。でも、魚は出ない!前はドライにバンバン出たのに、フライを流れの際に送ってやらないと出てきやしない!行きはドライで攻めて帰りはルースニングで下ってきた。ドライもニンフも出た数は同じ10匹ずつ!一番が30cmでアベレージは23~4cmというところかな?期待を大きくして行っただけに、空振りの気分だけが残ってしまった。まあ、こんなこともあるさ!
[PR]
# by a582323 | 2006-06-17 09:44 | Fly fishing | Comments(0)

河原で見たもの!

 今シーズン解禁になってから初めて川へ行ってみた。釣りのほうは大きい魚は出なかったが、まあまあの数が出たのでそこそこ満足!いつもなら気持ちに余裕が無くて周りの景色が目に入らないことが多いのだが、今日はなぜか周りを見ながらののんびり釣行だった。自分のジンクスの一つに「カラスアゲハを見た日は、釣りの結果が良い!」というのがある。今日は運良くそのカラスアゲハに出会うことが出来た。釣りの結果はというと、解禁直後の日曜日ということを考えると、上出来の結果だったのでこのジンクスは当たっているということになりそうだ!この次もカラスアゲハに出会えるように祈るばかり・・・
d0070814_2016451.jpg

[PR]
# by a582323 | 2006-06-04 20:17 | Nature | Comments(0)

ニセコのペンション『吟渓』のオーナーのお便りです。


by a582323
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30