人気ブログランキング |

ニセコ 『吟渓』便り!

ginkei.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

血が騒ぐ!

一昨日、昨日とハンドボールのアジア予選のやり直しが東京で行われた。今まで脚光を浴びることなくひっそりと行われていたハンドボールだが、「中東の笛」騒ぎで、IHFが予選のやり直しを決定し、開催されることになった。メディアも大々的にこの問題を取り上げたため、日本中がこの試合に注目していた。
d0070814_15255868.jpg
実は自分は、「ハンドボールおたく」なのだ!学生時代ハンドボール部に4年間所属して、青春を謳歌していたのだ。キャプテンになった3年の秋には2部リーグで優勝し、1部に上がった春季リーグでは準優勝という成績だった。しかし、北海道ではマイナーなスポーツで、全道の大学でも、10チームほどしかなくて、北海道のチーム数は、全国と比べてもダントツで少なかった。その頃の仲間は全員が初心者ばかりで、練習などで随分と苦労した覚えがある。大学卒業後は、大学OBのクラブチームに所属し、一般の大会に出場したりしていた。ふとしたことから、審判員の資格をとることになり、D級から始まり、C級、B級と上位の資格をとり中学生や高校生の全道大会や地区予選大会などに出かけては、笛を吹いていた時代が37~8歳まで続いていた。スキーで、全十字靱帯を切って40歳の時に再生手術を受け、1年間のスポーツ禁止期間を境にだんだんとハンドボールから遠ざかってしまった。
d0070814_15434567.jpg

写真は昭和61年度全道室内総合選手権のときのオフィシャルボールを記念にもらったものだ。
 昨日の試合の様子を見ていると、昔の血が騒いで仕方がなかった。「あ~自分にもあんな時代があったんだなあ~」と、感慨にふけってしまう。今は、全くといっていいほど、スポーツからは遠ざかってしまったが、また何かの機会があったらと思ってみたが、もう無理かな?

  最終予選がまだ残っている!  頑張れニッポン!
by a582323 | 2008-01-31 15:59 | 日常 | Comments(0)

マー君神の子不思議な子!

 連れ合いが「どうしても欲しい本がある。」と珍しく頼み込んできたので、一体何の本じゃ!と思って聞くと・・・
d0070814_1313962.jpg
 この本でした。「田中将大ヒーローのすべて」北海道新聞社の記者が、マー君を取材してきたものをまとめたものだ。北海道新聞のこの本のPRのコメントは・・・
「新人王に輝いた東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手。父と歩んだ少年野球時代lから、駒大苫小牧高校時代、昨シーズンの軌跡など、ドラマの舞台裏を徹底取材した北海道新聞記者が執筆。カラーグラビア、公式戦全成績も掲載。」とある。ネット通販で発売されてすぐに注文し、ようやく先日届いた。
ある日、この本のプロローグを読んでいた連れ合いが、涙目になっているので、「何、泣いてんだ!」とからかうと、「じゃあ、読んでごらんよ!」といわれ、プロローグの一部を読むと、不覚にも自分も「ウルッ」と来てしまった。最近年を取るにつれて涙腺がゆるくなってきたようだ。思っていたよりも分厚い本で、読み応えのありそうな本である。
d0070814_13222742.jpg
連れ合いは、このマー君のお祈りの姿が好きだと言っている。
 自分の高校の同級生に駒大苫小牧高校で働いている友人がいて今年の年賀状に、マー君と一緒に写った物を使っていたが、とても羨ましがっていた。 昨年は札幌ドームにマー君初登板の時に応援に行ったが、周りは日ハムファンだらけで、アウェーな雰囲気でちょっと、応援という気分じゃなかった。今年あたり、仙台まで応援に行くと言い出すんじゃないかと、ちと心配している今日この頃である。
by a582323 | 2008-01-27 13:29 | 日常 | Comments(4)

羊蹄山麓地域観光ガイド初級検定 合格!

 今年度から始まった「羊蹄山麓地域観光ガイド初級」の検定試験が昨年の12月1日に行われた。羊蹄山麓商工会広域連携協議会(要は商工会の合併組織のようなもの?)が主催して行われた検定制度である。
 ご当地検定は、北海道のあちこちで行われているようだが、羊蹄地区でも創設されたわけだ。
 今回は、あちこちの町村で検定のための講習会が行われた。検定用の立派なテキストが無料で配布され、そのテキストに基づいて勉強するのだ。
d0070814_12481618.jpg
 この中には、地域の情報から羊蹄山やニセコ山系の歴史までが、詳しく載せられている。ニセコに住んでまだ8年の自分には、随分と勉強になった。観光業に携わる者として、最低の知識を身につけておきたいという気持ちから講習会を受講し、検定試験を受けてみた。
 勉強の成果があったかどうかは分からないが、結果が届いた。
d0070814_12525064.jpg
 結果は無事に二人とも合格!合格ラインは6割と聞いていたから、そんなに難しいとは思わなかったが、試験には勘違いが付き物なので、多少は心配していた。連れ合いは同じ時期に別の資格試験の勉強をしていたので、自分より少ない期間の中での勉強は、大変だったと思う。最近は、二人とも物忘れが激しくなる年齢なので、こういう勉強はちと辛いものがある。まあ、頭のトレーニングと考えてやるのが、一番かもしれない。(実は、試験終了後から覚えていたものを、どんどん忘れていく自分が怖かった!)
d0070814_1301333.jpg
 こんな立派な資格証までいただいて、本当にこれで無料なのが不思議なくらいだ。来年度からは、中級・上級と検定が有料で続いていくようだが、ボケ防止の為にもまた頑張ってみようかと思っている。
by a582323 | 2008-01-23 13:06 | Niseko | Comments(0)

我が家に春が?

 毎日が冷凍庫のような日が続いている北海道だが、昨日我が家に春が届いた。
 年末年始にいらしたお客様から、みかんを頂戴した。その箱の中に春が一緒に詰められていた。
d0070814_16101791.jpg

 今の季節のニセコでは考えられない春の花だ。積雪はすでに1mをはるかに越え、青空を見ることも少ない日が続いているので、この花は本当に春を思わせてくれる。
 でも、実のところこの花が何の花なのか、ちと分かりかねている。
d0070814_1614316.jpg

     梅?それとも桃?    お分かりの方ご一報くだされ!


 お騒がせしましたが、いろいろと調べてみると、この花は桃の花のようです。枝から2つの花が咲くのは桃の花で、一つずつ咲くのが梅の花のようです。北海道ではあまり見かけることがない花なので、調べてみて大変勉強になりました。  違っていたらご一報を!
by a582323 | 2008-01-22 16:15 | Nature | Comments(0)

公衆トイレの雪下ろし!

ここのところの毎日の降雪で、スキー場の第三駐車場にある公衆トイレの屋根の雪が膨大な料になって、屋根が持たないとのこと!このトイレは、町が建てたものだが、管理は受益者負担ということで、ペンション村でお金を出し合って管理を委託している。屋根の雪下ろしも頼むとお金がかかるので、オーナー連中が集合しての雪下ろし作業だ。
d0070814_16343639.jpg
写真は、家内がペンションの台所から望遠で撮影したので、途中の木々や電柱やバスや雪山が邪魔をして上手く撮れてないのだが、作業の様子は何とか分かってもらえると思う。総勢7名で約1時間半ほどの作業だったが、結構な汗をかいてハードなものでした。久し振りに他のオーナーさんたちと雑談をしながらの作業もまた楽しいものだ!
by a582323 | 2008-01-20 16:40 | Niseko | Comments(0)

いつものNisekoに戻った!

年末年始も少しだが、雪は降っていた。でも、それは例年に比べるととても少ない積もり方だったのだ。いつも高く積み上がる雪山が、とても小さく感じていたのだが、中旬の連休頃から様相は一変した。強い寒気団の影響で、雪が連日降り積もり、最高気温もプラスにならず、毎日が真冬日の連続だ。屋根の雪が落ちて客室の窓が埋まりそうになると、スキー場のユンボを頼んで南側を掘ってもらう。雪の多い年だと12月に一度掘ってもらうのだが、今シーズンは少なかったので、年が明けての雪でようやく出動だ!
d0070814_1535733.jpg

いつもオペレーターの腕に感心しながら作業を見守ると、あっという間に雪が掘られて片付けられていく。
d0070814_1574548.jpg

  流石にプロの仕事だ!
ここ毎日降り続いている雪は、気温が上がらないため屋根から落ちずに、どんどん降り積もっている。家のあちこちの窓やドアが、屋根の雪の重みの影響で、開かなくなったり、閉まりが悪くなったりしている。週間予報によると、来週あたりが気温が上がりそうな気配!何とか来週には一度屋根の雪が落ちて欲しいものだ。
by a582323 | 2008-01-16 15:19 | Niseko | Comments(0)

遅ればせながら・・・・・

 新年明けましておめでとうございます!   な~んて書くのもおこがましい時期になってしまった!
 さすがに年末年始は我が家の一番の稼ぎ時で、ブログをアップする暇もないほどのハードな日々でした。 過ぎてみればアッという間の出来事なのだが、これをクリアするのは結構大変なことです。
 でも、今年の年末年始はほとんどが常連さんたちで、本当にありがたくて嬉しいことです。
 いつもはスキー場の麓まで行って写真を撮っているんだけれど、今年は家の前から新年の花火に挑戦してみた。
d0070814_0365696.jpg

 今年は、三脚立ててバルブシャッターで頑張ってみた。しかしそこは素人の浅はかさ! 感覚でシャッターをきったので、出来上がりはこんな写真になってしまった。
 ウ~ン!  早いけど来年への課題ですな!

 そんなこんなで、2008年が始まりました。ブログの更新は気ままですが、長い目で見てやってください。  
 
    本年も宜しく!
by a582323 | 2008-01-08 00:45 | Niseko | Comments(0)