ニセコ 『吟渓』便り!

ginkei.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:日本酒( 24 )

北海道に新しい蔵元誕生!

北海道に12番目の酒蔵が誕生しました。

その名は、上川大雪酒蔵「緑丘蔵(りょっきゅうぐら)」
北海道にこだわったお酒造りを目指しています。

杜氏は、金滴酒蔵にいらっしゃった小樽出身の川端さんです。
金滴にいたころからのファンだったのですが、復活されて大変うれしいことです。

本格的な仕込みは今年からと聞いていますが、今回試験醸造されたお酒を4種類だけ手に入れることができました。
d0070814_09383916.jpg
仕込2号~5号までの4種類です。全部で6種類あるのですが、1号と6号は手に入れられませんでした。
ある意味量も少ないし、初めての仕込ですので、とってもレアなお酒と言えるかもしれません。

このお酒をベースにしてこれからの酒造りに進んで行くんですね~

北海道のお酒が増えていくのは嬉しいことですし、楽しみなことでもあります。

どんな蔵に成長していくか、これからも応援していきます。









[PR]
by a582323 | 2017-11-02 09:45 | 日本酒 | Comments(0)

蔵人衆 酒米 稲刈り体験!

春に酒米の田植えの体験会があったのですが、都合が付かず参加できませんでした。
今日は、その時植えた稲の稲刈り体験会があるというので、参加してきました。
d0070814_16011364.jpg
皆で手分けしながら、刈り取っていきます。
d0070814_16023854.jpg
自分も頑張りました。
d0070814_16020898.jpg
   楽し~~~い!!

刈り取った稲は、はさがけにして天日干しです。
d0070814_16030678.jpg
蔵元の田中酒造さんからも参加です。
d0070814_16050824.jpg
PR用の写真をパチリ!

その後、全員で記念写真を撮ってBBQへ突入~
d0070814_16035639.jpg
ただし、これ以降の写真は撮りませんでしたので、あしからず・・・

新米の「ゆめぴりか」をいただきましたが、その粘りにはビックリしました。
ゲームで「野菜セット」ももらえたし、おいしいお肉や野菜も沢山いただきました。
酒饅頭や酒粕せんべい、試作品の「甘酒アイス」も食べさせていただいて、満足の1日でした。

今度は、田植えにも参加しよ~っと!!



PS.今回刈り取った彗星は、新米1番の仕込みになって、蔵人衆の生酒として発売されるそうです。
      皆さん飲みに来てくださ~い!








[PR]
by a582323 | 2017-09-30 16:26 | 日本酒 | Comments(0)

蔵人衆 搾りたて!

8月に小樽の田中酒造さんで「酒造り体験」をさせてもらいました。
そのときに仕込んだお酒が出来上がって、送られて来た!

普段の蔵人衆は、特別純米酒で火入れされていますが、
今回は、搾り立て・無濾過・生酒です。
d0070814_10542571.jpg
これは、自分でラベルを作成して作った四合瓶2本です。

この他に、一升瓶1本を詰めて頂きました。
d0070814_10564982.jpg
こちらは冬のお客様用に熟成させておきます。

四合瓶の1本は、自分用にしますので・・・


    お楽しみに・・・・










[PR]
by a582323 | 2017-09-27 11:03 | 日本酒 | Comments(0)

蔵人衆・酒造り体験! PART2!

さて、前回の続きです。

次の作業体験は、「櫂入れ(かいいれ)」です。
この作業は、タンクの中の醪(もろみ)を櫂という棒で撹拌する作業です。この櫂がけっこう重たいのです。
d0070814_15584809.jpg
人物がぼけていますが、蔵の中が少し暗いので動く動作がうまく撮れませんでした。(ご愛嬌!)

次に半自動の瓶詰機でお酒を瓶詰する作業です。
d0070814_16185452.jpg
今回は、搾ったばかりの本醸造酒を瓶詰します。
d0070814_16003279.jpg
これは、いわゆる「荒ばしり」というネーミングで他の酒造でも販売されています。
あとで、試飲させていただきましたが、ほんのりと炭酸の効いたフレッシュで若々しいお酒でした。
これは、蔵元へ行かないと味わえませんね。

最後の体験作業は、洗米です。
5kgの大吟醸用の酒米の入った袋を仕込水で洗う作業です。
袋の口と下のほうの角を持って、水の中で100回振り洗いします。
d0070814_16015262.jpg
洗った袋を1つずつ、ホースの水でさらに洗って水の中で浸漬させます。
今回の浸漬時間は13分! 時計で正確に時間を計って水から引き上げ、袋ごと吊るして脱水します。
d0070814_16031919.jpg
このあとに1袋ずつ計量し、吸水量を確認します。
このお米は次の日に蒸し上げられて仕込むそうです。

以上が、蔵の中の作業場での貴重な体験でした。


この後、事務所へ戻って試飲やクイズ、そして利き酒をしました。
d0070814_16045632.jpg
さて、結果は・・・・    


      利き酒師なのに・・・   1問しか正解できませんでした!
            まあ、そんなもんでしょう!


地元のTV局の取材が入っていて、夕方のニュースで今回の体験の様子が流れていました。
自分が映っている場面があって、ビックリしてしまいました。


今回、お世話になった小樽田中酒造さんの「亀甲蔵」は一般の見学もできますし、
小さい蔵ですので、通年お酒を仕込んでいるので、何かしらの作業が見学できるのが良いところです。
興味のある方は是非立ち寄って見てください。


そうそう、今回仕込んだ「蔵人衆」は、10月ころに送られてきます。
参加者には、4合瓶1本は送られるのですが、吟渓ではお客様用に
4合瓶1本と1升瓶1本を追加で注文しましたので、冬シーズンのお客さまに提供できると思います。
無濾過の生酒として送られてきますので、市販品とは違うお酒になります。

私自身もとても楽しみにしています。
手元に届きましたら、またブログにてご報告いたしたいと思いますので、お楽しみに・・・


    あ~~  楽しかった~~~














[PR]
by a582323 | 2017-08-23 16:51 | 日本酒 | Comments(0)

蔵人衆・酒造り体験に行ってきました! PART1!

ニセコ町には、蔵人衆という日本酒があります。
このお酒は、ニセコ町の農家さんが作る酒造好適米を使って小樽の田中酒造さんが製造しています。
春には田中酒造の方々や町民の方々が田植えを行い、秋は稲刈りをするという取り組みを行ってきていましたが、
今回、初めて蔵へ行って酒造りの体験を行うというので、宿をお休みさせていただいて研修(?)に行ってきました。

試飲や試食がいろいろとあるようなので、集合場所の役場まで連れに送ってもらい、バスに乗り込んで朝7時半に出発です。

2時間弱、バスに揺られて小樽の田中酒造へ到着!
はじめに事務所(なんと敷地内にあるセ○ンイレ○ンの2階です)で本日の日程の説明を受け、いざ蔵の作業場へ・・・
d0070814_07220667.jpg
最初は一般の方々が見学できるコースを説明を受けながら見て回ります。
d0070814_07284770.jpg
これは、お米を蒸しあげる甑(こしき)です。
d0070814_07311726.jpg
麹室です。この日は作業はありませんでした。
d0070814_07323146.jpg
酒母を育てているタンクです。
d0070814_07340050.jpg
お酒を搾る圧搾機です。
d0070814_07353968.jpg
お酒を仕込むタンクです。きれいに磨かれています。

ここまでが、一般の方々が見学するコースですが、今回は酒造り体験ですからいよいよ作業場へ入ります。

はじめの作業は、蒸した酒米を冷まして酒母タンクに入れる作業です。
蒸した酒米を試食させていただきましたが、普段食べているお米と違って、パサパサしてやや固めでした。
d0070814_07433354.jpg
布に広げて蒸し米を冷まします。
d0070814_07450660.jpg
酒母タンクに入れられた蒸し米。これに麹菌を加えてデンプンをブドウ糖に変えていきます。
酒母はとても酸味が強く、アルコール度数は8%ほどだそうです。

次回へ続く・・・








[PR]
by a582323 | 2017-08-22 12:43 | 日本酒 | Comments(0)

久し振り!

久し振りです・・・


何が   っていうと・・・

d0070814_14183536.jpg



   この芋焼酎!!


何年振りでしょうか?


調べてみたら、2010年3月以来・・・
5年10ヶ月ぶり・・・



5年前より少し値上がりしたようですが・・・・



まあそれでも、ちまたの「○○オークション」の5分の1くらいかな?



何しろ、蔵元からの直送ですから・・・




ただ、きっかけがないと  なかなか封を開けられなぁ~







   いつの日になるやら・・・・・
[PR]
by a582323 | 2016-01-16 14:30 | 日本酒 | Comments(0)

二世古酒造が面白い!

二世古酒造で、新しいシリーズを出しました。

その名も「彩りシリーズ」(いろどりしりーず)

北海道産の好適酒造米を使用し醸したお酒です。

d0070814_8231584.jpg
これは、深川産の「吟風」を使用して仕込んだ「秋あがり」!

d0070814_825290.jpg
こちらは、北海道産「彗星」を使用した純米吟醸酒。

どちらもスッキリとした味わいが特徴です。


ただ一つ難点が・・・

ニセコ町と倶知安町の酒屋では扱っていないことです。
特約店にしか卸していないとのことで、お土産に買って帰るのは難しい!

   残念!
[PR]
by a582323 | 2015-12-23 08:29 | 日本酒 | Comments(0)

国稀 鬼ころし プレミアム!

北海道の最北の蔵元・・・

ということは、日本最北端!
その蔵元「国稀酒造」が鬼ころし発売30周年を記念して限定酒を出しました。

その名も「鬼ころし プレミアム」
d0070814_6352737.jpg

キリッとした超辛口の定番 『国稀北海鬼ころし』の味わいと香りをグレードアップさせた限定酒です。
500本限定と聞いていますので、もうほとんどどこにも無いかもしれません。
しかも、マニアックなお酒ですので、売られていることさえ知らない人が多いことでしょう。
うちでは予約して3本仕入れましたけど、もう1本は無くなりそうです。  (-_-;)



あの久保田と同じ30年なのですね~




d0070814_6402187.jpg

日本酒度+12が示すように超辛口のお酒です。
最北の厳しい環境の中で醸されたお酒、味わいがあります。
是非、お試しあれ!



そうそう、昨日からニセコは冬に突入です。
今週末のスキー場オープンはギリギリ間に合うのかな~    と言う感じです。


いよいよ冬の始まりです!
[PR]
by a582323 | 2015-11-25 06:52 | 日本酒 | Comments(0)

久し振りの更新!

久し振りにブログを見たら、全然更新してないことに愕然!

釣り日記ばかり更新していて、こちらがご無沙汰になってました。

たまには、唎酒師らしい記事でも・・・


今回のお酒は、かの有名な「久保田」が久保田ブランドを立ち上げて30年!
それを記念して、「久保田 30周年記念酒」という純米大吟醸酒をリリースしました。
d0070814_7102555.jpg


もうすでに、飲まれた方もいらっしゃると思います。

久保田の純米大吟醸酒というと、「萬寿」と同等クラスということになります。
しかし、価格はリーズナブルに設定されていて、お得感がありますね~

飲んでみると、萬寿とは全然違う味わいが口の中に広がります。
華やかな吟醸香が立ち上り、まず香りを楽しみ口に含むと・・・


あとは、実際に味わってみてください。
今までの久保田とは違った味わいが楽しめると思います。




  多分、賛否両論があると思いますが・・・


ちなみに、吟渓でも仕入れましたので飲めますよ!
[PR]
by a582323 | 2015-11-09 07:12 | 日本酒 | Comments(0)

3度目!

何が3度目かというと・・・・






d0070814_142496.jpg



そう、「森伊蔵」・・・


前回が2010年の3月だから、1年5ヶ月振りにお目にかかれた。


まあ、2年に1回当たれば良いところか?

まあまた、チビチビとやりますか~
[PR]
by a582323 | 2011-08-16 14:07 | 日本酒 | Comments(0)

ニセコのペンション『吟渓』のオーナーのお便りです。


by a582323
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30